FXにおけるpips(ピップス)とは?メリットや注意点を解説

公開日:2021/12/01   最終更新日:2021/11/17

FXについて勉強していると、初心者には聞き慣れない単語が数多く出てきますよね。「pips(ピップス)」もその中の一つです。FXを学ぶ中で避けては通れないpipsですが、慣れていないと少しわかりにくい、厄介な「単位」なのです。今回はFXにおけるpipsについて、メリットや注意点もあわせて解説します。

pips(ピップス)とは?

pips(ピップス)とは、FXで使われている独自の単位です。ここでは、FXにおけるpipsの定義と、その必要性について解説します。

FXにおけるpips(ピップス)とは

pips(ピップス)とは、FX取引で使用されている独自の単位です。為替レートの変動幅を示す最小単位で、通貨ペアによって1pipsをいくらとするかが異なってきます。

具体的な例を挙げると、米ドル/円の取引では1pips0.01(1)となっており、米ドル/円のレートが0.01円動くと、「1pips変動した」と表現されます。しかし、ユーロ/米ドルの取引では、1pips0.0001ドル(0.01セント)とされているようです。このように、通貨ペアごとに1pipsの中身は変化します。

基本的にFXでトレードできるものは、決済通貨(通貨ペアの右側を指します)が日本円であるか、米ドルであるかのどちらかです。決済通貨が日本円であれば1pips=0.01円(1銭)、決済通貨が米ドルであれば1pips=0.0001ドル(0.01セント)と覚えておきましょう。

FX会社によっては1pips=〇〇円(ドル)という定義が違う場合もあるため、運用を始める前に検討しているFX会社のpipsの取り扱いについても確認しておくとよいですね。

なぜpipsという単位が必要なのか

FX初心者であれば、これまで馴染みのない「pips」という単位に戸惑うことも多いでしょう。pipsを使うことによって余計にややこしくなっているのでは?と感じるかもしれませんが、全通貨ペア共通の最小単位を決めておくことで、それぞれの取引ごとの変動を比較しやすくなります

たとえば、「10円の変動と10ドルの変動」ではパッと比較ができませんが、「円は1pipsの変動、ドルは10pipsの変動」と単位がそろえば、それだけで一気に比較がしやすくなりますよね。さまざまな通貨ペアで取引を行うFXだからこそ、全通貨ペアで共通の最小単位が定められたのです。

損益の計算方法

実際のトレードでは、pipsは損益の計算に使用されます。計算式は「獲得pips×1pipsの基準値×取引数量=損益」となっています。1pipsの基準値とは、1pips=〇〇円(ドル)といった値を指すようです。

損益計算の具体的な例を挙げると、米ドル/円で1pips0.01円、1万通貨取引にて100pipsを獲得したケースでは、「100pips×0.01円×1万通貨=1万円」という計算式より、1万円の利益を得たということがわかります。

pipsのメリット

FX取引においてpipsという単位を使うことにより、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここまでは、pipsのメリットを2点解説します。

共通単位によって比較しやすくなる

先述した通り、pipsという共通単位を設定することによって異なる通貨ペアでのトレードも比較しやすくなります。この単位がなければ、複雑な計算を経てしか複数の通貨ペアの変動比較ができません。パッと見て瞬時にその差が理解できるようになることで、さまざまな分析もしやすくなります。

投資効率の良し悪しが判断できる

pipsのメリットとして、投資効率がわかりやすくなるという点も挙げられます。

たとえば「FX取引で1万円の利益を得た」と仮定します。利益としては同じ1万円ですが、「1万通貨を持って100pipsを獲得した」場合と「10万通貨を持って10pipsを獲得した」場合とでは、前者の方が少ない資金・通貨量で1万円という利益を獲得している=投資効率がよい、ということがわかるでしょう。

つまり、投資効率の良し悪しを判断するには「いくらの利益を得たか」ではなく「何pipsを獲得できたか」に注目しなければならないのです。pipsという単位を使うことにより、投資効率の分析が簡単にできるようになります。

pipsの注意点

FX取引においてとても便利なpipsですが、注意点として「損切りのライン決めに使わない」ということを覚えておきましょう。

1pipsあたりの損益は、取引数量によって異なります。「損切りラインは10pips」というように設定してしまうと、たとえば1pips0.01円と考えた場合、1万通貨取引では1,000円の損失ですが、10万通貨取引では1万円の損失となってしまいます。

そのトレードをするときどきにより、許容できる損失の範囲や相場の状況も変わってくるでしょう。思わぬ大きな損失に苦しまないためにも、損切のラインはpipsで定めず、許容できる損失額から判断するようにしてください。

 

今回は、FXにおけるpipsについて、その定義やメリット、注意点を解説しました。FXは資産運用の中でも複雑で難しく、慣れていないとややこしい用語も多いですよね。pipsという独自の単位につまずいてしまう人もいますが、内容をしっかりと理解できれば、投資の分析に役立てることができますよ。今回の記事を参考にして、今後のトレードにpipsに関する知識を活かしてみてくださいね!

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

FX取引について調べている際、6文字のアルファベットを組み合わせた文字列を見たことはありませんか。これを通貨ペアといい、FX取引に使用されます。この記事では、通貨ペアを選ぶ際のポイントについ

続きを読む

FXや外国株式、投資信託などさまざまな投資があるなか、近年FXが注目を集めています。しかし、初心者にはハードルが高いイメージがあり、始めるのを躊躇っている人も多いのではないでしょうか。そこで

続きを読む

昨今、投資ブームが到来しており、投資信託や株式、さらにFXなどが注目を集めています。しかし、FXなどの外国為替証拠金を扱う投資の場合、さまざまな知識が必要になるので初心者にとってはハードルが

続きを読む

株式会社FXプライムbyGMO 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス TEL:HP内問い合わせフォームあり FXプライムbyGMOはFXを成功させることに特化した金

続きを読む

株式会社 外為オンライン 住所:〒100-6227 東京都千代田区丸の内1-11-1 TEL:03-6812-2222(代表) FXや投資などは資金が必要になるため、始めたいけど不安があると

続きを読む

オンラインFXセミナーを知っていますか?セミナーではFXに関するノウハウを学べます。FXの知識を向上させたい方はセミナーを活用すると効果的に学べます。しかし、セミナーで騙されないか不安に思う

続きを読む

近年、さまざまな投資方法があり、多くの人から注目を集めています。その中でFXはハイリターンが期待できるため、人気が高くなっています。ただ、初心者にとってはハードルが高く最近はFXスクールが話

続きを読む

「独学ではFXに勝てない」という人もいますが、正しい知識やスキル、努力などがあれば独学でFXの成果を出すことは充分可能です。トレーダーとして成功している人たちの中では「独学を中心にして、無料

続きを読む

お金はあればあるだけ安心できる!しかし無限に手に入れられるわけではありません。そんなとき、1つの基準になるのが1億円ではないでしょうか。欲をいうならそれくらい資産がほしいと思っている人も少な

続きを読む

FX初心者にとって最初の関門は、専門用語ではないでしょうか。始めて聞く言葉が次々と出てくるので、自分には無理だと思ってしまいがちです。しかし、そこで諦めずに、まずは専門用語の中でもよく耳にす

続きを読む